FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Blood Elf
bloodelf-blizzcon.jpg


禁断の魔法を使用したNight Elfに反感を覚え、東の大陸へ移住した者達。
(この一文だけだと、魔法の使用について反感したように見えるが、実際はバーニングレギオン撃退後に永遠の泉の使用を禁じられ、魔力の昂りに耐え切れなかっただけである)


月の女神「エルーン」の恩恵を失ったため、肌はクリーム色になり姿を消す能力も失われている。

一時期はHumanに魔法を教え、人間繁栄の道を開かせた。
が、結果的にこれらの行いが再びバーニングレギオンを再来させてしまうことになる。



彼等は永遠の泉の代わりにSun Wellを設置したシルバームーンを本拠地にしていたのだが
アーサス率いるアンデッドスコージ達による計画によりシルバームーンは壊滅。Sun wellは汚され、魔力は失われ、魔力の禁断症状がでるようになる。


陥落後、一時期は離反していたAllianceにケイル・サス王子率いる一族はAllianceに復帰した。

復帰した直後に待ち受けていたのはガリソス総司令官のBlood Elf達への侮蔑的態度だった。

ケイル・サス王子は次第に懐疑心が芽生え始めるが、スコージのダララン再侵攻の足止めに尽力する。


しかし任務の最中、Naga一族に絶対絶命の際に助けてもらった所をガリソスに見られ、一族皆殺しの刑を受ける。


刑執行の直前に再びNaga一族に助けられ、彼等はAllianceを離反。
追っ手を振り切りアウトランドへと逃げ込んだ。


そこで出会ったイリダンに感銘を覚え、魔力の飢えと渇きを癒してくれる存在と見抜きイリダン達と共に行動するようになった。


正式な名称はHigh Elfだが、陥落後、仲間の思いを偲んでBlood Elfと自ら呼んでいる。
スポンサーサイト
2006/12/18(Mon) | 番外編-人物紹介- | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。