FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Blood Elf
bloodelf-blizzcon.jpg


禁断の魔法を使用したNight Elfに反感を覚え、東の大陸へ移住した者達。
(この一文だけだと、魔法の使用について反感したように見えるが、実際はバーニングレギオン撃退後に永遠の泉の使用を禁じられ、魔力の昂りに耐え切れなかっただけである)


月の女神「エルーン」の恩恵を失ったため、肌はクリーム色になり姿を消す能力も失われている。

一時期はHumanに魔法を教え、人間繁栄の道を開かせた。
が、結果的にこれらの行いが再びバーニングレギオンを再来させてしまうことになる。



彼等は永遠の泉の代わりにSun Wellを設置したシルバームーンを本拠地にしていたのだが
アーサス率いるアンデッドスコージ達による計画によりシルバームーンは壊滅。Sun wellは汚され、魔力は失われ、魔力の禁断症状がでるようになる。


陥落後、一時期は離反していたAllianceにケイル・サス王子率いる一族はAllianceに復帰した。

復帰した直後に待ち受けていたのはガリソス総司令官のBlood Elf達への侮蔑的態度だった。

ケイル・サス王子は次第に懐疑心が芽生え始めるが、スコージのダララン再侵攻の足止めに尽力する。


しかし任務の最中、Naga一族に絶対絶命の際に助けてもらった所をガリソスに見られ、一族皆殺しの刑を受ける。


刑執行の直前に再びNaga一族に助けられ、彼等はAllianceを離反。
追っ手を振り切りアウトランドへと逃げ込んだ。


そこで出会ったイリダンに感銘を覚え、魔力の飢えと渇きを癒してくれる存在と見抜きイリダン達と共に行動するようになった。


正式な名称はHigh Elfだが、陥落後、仲間の思いを偲んでBlood Elfと自ら呼んでいる。
スポンサーサイト
2006/12/18(Mon) | 番外編-人物紹介- | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
独断と偏見の職業別性格判断表
War・・・単純熱血馬鹿。そんな性格の中にも戦局を見渡せる広い見識が必要となる。あと鼻息が荒い。


Hunt・・・冷静かつ、合理的な考えの持ち主。常に自分のペースに皆を合わせるのを得意とする。


Mage・・・楽天的で好奇心旺盛。その性格の裏にはしっかりとしたプランが裏打ちされている。


Priest・・・生真面目で、他人への細かな配慮を怠らない。Warのブレーキ役に最適で相性は良い。


Rogue・・・変人が多い。型にはまらずマイペース。


Shm・・・気分屋。一つの事柄に一喜一憂する。Mageと馬が合いそう。


Warlock・・・計算魔。物事を0か1で判断し、それ以外の全てを拒む。
2006/12/13(Wed) | Rogueの呟き | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
かおが昔のように書け書けとうるさいので書くtt

うちのギルドはTeam speakという外部ツールを使用して、文字ではなく声によって迅速かつ適確に伝えられる素晴しいツールがあります。


しかしどうもこのTSが使いづらい。

TS自体が使いづらいという意味ではなく、自分自身の問題であると思う。

なんと言うか、自分でわかるのだが、どこか言葉に気持ちや力が入っておらず相手の話も良く聞いて居ない。

なんだろうなぁ、と思ったら該当する例があったので書いて見る。


話が少し変わるけど、うちに「かお」というリアルでBoss表記が付きそうな厳しいお方がいる。



よくかおの話を聞きながら別の事に集中して聞いている時のことです。


かお「・・・・というわけでさ」

アレヒロ「うん・・・あーちくしょう」


かお「聞いてる?」


アレヒロ「聞いてる聞いてる。」


かお「・・・・というわけさ!どう思う!?」



アレヒロ「・・・・・・・プアープアー(旗取られた音)」



かお「プチッ」



アレヒロ「あーーーとられたー」



かお「アンタあたしとWoW、どっちが大事なわけ!!!」



アレヒロ「ス、スイマセン」


自分自身で書いて、なんともはや耳が痛い話であるtt


%で表すとWoW=80% 話=20%ぐらいでほとんど聞き流しているという結果にtt
こういうので幾度となく喧嘩したし、喧嘩しといて聞いてない事自体失礼だなと思う。

大抵の器用な人はこれを両立させてる。
が、自分にはちょっとできなさそう。


2人であーだこーだ言って導き出した結論がコレ。

*アレヒロの脳は二つ以上の情報を同時に処理できない。*


TSでも話そっちのけでWoWに集中しているので、WoWをしている間はなるべく返事が遅くとも文字で返そうと最近心に誓った次第でありますtt
2006/12/07(Thu) | Rogueの呟き | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
NightElf
nightelf.gif

月の女神「エルーン」に仕え、世界樹と永遠の泉の安寧を護る種族。
一時はHuman・Orc連合に敵対視していたが後に和解。
現在はAllianceに所属。

彼等は世界樹と永遠の泉から得られる魔力によって不死の存在であった。

起源は彼等が存在する遥か前のトロールが起源だとされているが
定かではない。

当時、トロールとの戦争に勝ちぬき、一時は世界の頂点に立った種族だが
禁断の魔法を使用したが故にバーニングレギオン襲来を許してしまう。

彼等はバーニングレギオンを退けたが代償に世界は二つへと裂け、永遠の泉は失われる。

代わりにイリダンがハイジャル山の湖を永遠の泉に変化させたが、一万年後のバーニングレギオン「アーキモンド」を消滅させるために世界樹を放棄。

不死の力は失われた。

不死の存在であったせいなのか、多種族を見下す傾向にあるため、あらぬ誤解を受けやすい。


しかし忘れてはならないのが彼等は世界と自然を愛する種族であるということだ。

他種族には珍しい女社会で、戦闘に駆り出される大多数は女性である。
男性も居なくは無いが彼女等の下を支える役目を果たしている。


月の女神「エルーン」の恩恵として、青い肌と自分の姿を消せるのが特徴。
2006/12/04(Mon) | 番外編-人物紹介- | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Vanish
vanish.gif

Vanish


地面から煙を撒き上げ、強制的にステルス状態へ移行するAbility。
要Flash powder


使用すると全てのRoot、Snare、HunterのMarkを除去してステルス状態へ移行する。
Vanishを使用するとVanishエフェクトが付き、被弾直前のDDや追跡してくるPetを完全に無効化できる。
ハンター等のDot攻撃も防げそうだが使用した瞬間にDot判定が付くので弾が飛んできてから使用していては間に合わない。

主に戦場離脱に使われるが、ステルス状態となるので先手を打たれた場合の反撃に使う事も多い。

弱点はやはりDot系で、こればかりは解除できない。

しかし、次の継続ダメージまでステルス状態が維持できることから
PVPVIDEOの多くはDoTタイムを計算に入れて反撃の狼煙として使われている。

*Vanishで戦闘状態から離脱することによってHateを0にリセットできる。
2006/12/04(Mon) | Rogue Ability(Subtlety) | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。